飲食店
---
美・理容室
---
美容・健康
---
趣味・学習
---
結婚・婚活
---
住宅
---
キッズ
---
ファッション・雑貨
---
その他
file.147 『責任リレー』
責任リレー 主婦な生活 『責任リレー』
先月、息子ユースケが通う中学校で体育祭がありました。体育祭の花形競技といえば、クラス対抗リレー!特に、男子の力強い走りは、大人の私が見ても惚れ惚れしてしまいます。そんな憧れのリレーに、なんと、ユースケも出場したのです!わーい。リレーに出ると聞いて、私は「すごいー!カッコイイー!頑張って。」と、単純に喜んだのですが、当の本人は浮かない顔。できることなら、リレーに出たくないと言います。(まただ!)と、内心私は思いました。ユースケは、どうも目立ったり、みんなの期待を背負ったりすることが、苦手なようです。私は、ウキウキと尋ねました。「それで?ユースケは何番目に走るん?」 ユースケ「…第一走者」 私「えー、すごいやん!ユースケ速いんやねー」 ユースケ「ジャンケンで負けた…」詳しく話を聞くと、まず、体育の授業中に計った50m走のタイムから上位4人がリレーメンバーに選ばれた。その4人で順番決めのジャンケンをしたら、ユースケが勝ち、ユースケは第3走者を選んだ。やれやれ…と安堵したのもつかの間、選ばれたメンバーのひとりが、リレーに出るのはどうしても嫌だと駄々をこね、リレー出場を辞退した。そこで、5番目に速い子がメンバーに加わり、再ジャンケン。ユースケは今度は負けて、第1走者になった。と、いうことらしい。幸い、メンバーの一人に「俺はどこでもいいぜ!」という強者がいたので、アンカーはその子に。代わりに、第一走者を任されたのだそうです。リレーの第一走者とアンカーは、特に花形ポジションだから、そこに選ばれたら鼻高々だろうと思っていましたが、舞台裏では押し付け合いだった…というのは、今回のことで初めて知りました。いや、ユースケのクラスだけかなあ。そんな感じに、体育祭終了まで、ユースケの心にはクラスメートの期待に応えられるのか?という不安がずっしりと重くのしかかっているようでした。ちなみに、うちのばーさん(実母)の時代には、クラス対抗リレーを「責任リレー」と呼んでいたそうです。最初聞いたときは「変な名前~」と思ったけど、意味合い的にはピッタリですね。
さて。子供が何か重い責任から逃れたいと言ったり、部活動などのしんどい練習を休みたい、あるいは退部したい、と言ってきたとき、あなたならどう答えますか?
ユースケが、中1の春に入部したバスケットボール部。中2の夏の今まで、何度「退部したい」「退部する?」「しない?」という話を繰り返してきたことか。私は「そんなに練習や先生の指導が辛いなら今すぐ辞めようよ」と言い、さらに「ユースケが言い辛いなら、お母さんから先生に言ってあげる」とまで言っていました。しかし当の本人は、辞めたいと言いつつも、辞めたらバスケ部の友達から嫌われるのではないか、嫌われるまでいかなくても友達と疎遠になるのは嫌だ、辛いからと逃げ出した自分と向き合う自信がない、等々なかなかキッパリ辞めるとはなりませんでした。それが昨日、「オレ、バスケ部辞めんで良かった」と。今までこなせなかったプレーが上手くキマり、ずっと自分を認めてくれないと恨みすらしていたバスケ部顧問の先生から、褒めてもらったそうです。嫌だ嫌だと言いながら走ったリレーは、6人中3位でした。誇らしそうに話すユースケの様子を見ながら、私の過剰な擁護が、子供の伸びようとする芽を摘んでしまうところだったと反省したのでした。私はもうちょっと厳しいお母さんにならないといけません。
■書いた人■ チエ、43歳。1児(男・14歳)の母。
file.1179 『結婚して、彼と一緒に暮らすことが不安です』
結婚して、彼と一緒に暮らすことが不安です 小羊の部屋『結婚して、彼と一緒に暮らすことが不安です』
今月の小羊→食パンさん(31才/♀)


ふく♀/不思議なお悩みですね。好きな人と結婚するんですよね?
編集A♀/そうですね。食パンさんと彼は、今は遠恋中なのですが、来月結婚して一緒に暮らし始める予定だそうです。離れていた時間が長いので、一緒に暮らすことで、お互いに知らなかった嫌な部分を見つけてしまいそうで怖い、ということのようです。
営業B♂/2人の付き合いは長いんですか?
編集A♀/食パンさんから頂いたお便りを読みますね。『付き合って2年になる彼と来月結婚します。付き合い始めて3か月ほどで彼が大阪へ転勤になったので、付き合いは2年ですが実際に顔を合わせた時間は、最初の3ヵ月を除くと、全部足しても半月も無いと思います。毎日のようにメールを送り合っていましたが、私は本当に彼のことを知っているのだろうかと考えると、急に怖くなりました。彼は、本当に私が思っている通りの人でしょうか?また、同じように彼も私のことを知っているようで、本当はなにも知らないのかもしれません。そんな私たちが一緒に暮らし始めたとして、ちゃんと上手くいくのでしょうか?もう結婚式の案内状も出した後で、今更どうにもなりませんが、とても不安な気持ちになっています。アドバイスをお願いします。』ということです。
営業B♂/大丈夫なんじゃないですか?だって、メールのやりとりでも、結構お互いのことって伝わりますよね。
ふく♀/私の知っている人で、2年遠恋して結婚したんだけど、結婚後1か月で別れちゃった人がいるんですよ。
編集A♀/えー!一緒に住み始めたら、思っていた人とは違ったんですか?
ふく♀/いやあ…どうかな。違ったとは言ってなかったなあ。だけど、今までは相手の良いところだけしか知らなかったのかもしれないとは言っていた。たまにしか会えないから、お互い、常に普段以上の頑張っている自分になってて…。
編集A♀/なんか、分かります。好きな人にやっと会える!って時は、嬉しくて自然に笑顔になるし、オシャレも頑張りますよね。彼が一人暮らしだったら、料理だって張り切って作りますよね。でも、それが毎日できるかというと、しんどい日だって出てきますよね。
ふく♀/あとねえ、その人たちの場合は、新婚環境もよくなかったと思うんだよね。ワンルーム二人暮らしだったの。
編集A♀/えっ?狭い!
ふく♀/うん。とにかくまず一緒に暮らし始めようって感じで、彼が一人暮らしをしていた部屋に彼女が住み始めたんだよね。彼は会社勤めで、彼女は無職でずっと家に居たの。しかも、彼女は自分が生まれ育った東京を離れて、彼のいる大阪に行っているから、彼の他に知り合いもいなかったんだよね。多分、彼女は彼に相手をして欲しくてそう言ったのだろうし、彼は、仕事に疲れて帰って来て、ただ一人で静かに過ごしたい日もあったんだと思う…。上手くいかなくなって、彼女は結局東京に戻っちゃたんだよ。
営業B♂/環境が違えば、続いていたかもしれないですね。
ふく♀/うん、そう思う。食パンさんは、彼に寄りかかり過ぎない環境を作った方がいいかもね。これから住む街に彼以外の友人知人を作ったり、お互いそれぞれの時間が持てるくらいの広さの部屋に住むとか。
編集A♀/そしたら、上手くいきますか?
ふく♀/2年も付き合っているんだから、大丈夫だと思います!お幸せに。
■書いた人■ 今月の小羊→食パンさん(31才/♀)
file.104 『初・散髪』
初・散髪 トルコの風 『初・散髪』
赤ちゃんの爪や髪を切るのって、勇気がいると思いませんか?わが子が1歳を過ぎ、赤ちゃんと呼べなくなっても、私はまだ緊張しています。なんといってもサイズが小さく見づらいし、意思疎通が出来ないので突然変な動きでもされたら、と刃物を持つ身としてはヒヤヒヤ。爪は大抵寝ている時に切っています。(最近は起きていてもたまに爪切りをするようになりましたが。)
散髪も、はじめてのカットは寝ている間にハサミを入れたのに、すぐに気づかれて起き出してしまいました。おばあちゃんに手伝ってもらって何とか切りたかった長さはクリアしたけど、逃げて危ないし大変でした。初散髪の難しさは予想していたので「そろそろ切らなきゃ」と思ってからもなかなか挑戦できなかったのですが、その分達成感はありました!切った後の見た目も…まあ初めてなら及第点かな、なんて。何より暑い季節に向けてさっぱりしたのが良かったです。目にもかからなくなったし。
これが平安時代なら髪は生後7日目から逆に剃って過ごし、3歳の春以降より伸ばし始めたらしいですね。伸ばし始めは“かみおきの儀”と呼ばれ、現在の七五三のいわれになっていますが、それだと毛髪量の多い少ないは赤ちゃん時に気にならないなーと思ったり。いや、でも、生えてくるたびに丸坊主に剃るっていうのも難しそう。髪を剃っておくことで、のちに健康な髪が生えると信じられていたそうですが、タイやアルゼンチンは現在でも同じ理由で赤ちゃんを丸坊主にしているみたいです。(反対に、ある年齢までハサミを入れないのがモンゴル。初めて切る時は立派な断髪式をするそうです。)ちなみに髪を削ぐのも洗うのも吉日を選んで、というのが平安時代の通例だったので、私も密かに子どもの初散髪日は良い日を探して迷っていたのですが、諸事情あり、結局なし崩しに切りました。「思い立ったが吉日」って言いますし、OK、OK。
おまけですが、世界にみる散髪へのこだわり。タイでは散髪に良い悪いの曜日があり、台湾では旧暦2月2日に髪を切ると1年ハッピー!なんて話があるみたいですよ。ドイツだと「何かを始めるには新月がいいから散髪は新月に」という女性も多いそうです。また、昔のヨーロッパでは「満月に向かう時期に髪を切ると伸びるのが早く、新月に向かう時期に切ると伸びるのが遅い」と言われていて、貴族が月の周期に合わせて散髪していたという話も。日本は…3月8日が3(さん)8(ぱつ)で、赤ちゃん&こども「カット」の日だとか(1999年制定)。
自分の髪を切るタイミングに日の良し悪しなんて考えたこともなかったけど、調べてみたら結構重要視されていることに驚きました。でも我が家は今後も「切れる時に切る!」でいこうと思います。私もそろそろ美容院に行きたいなー。
■書いた人■ みこと。三豊市在住。トルコ(国)をこよなく愛する水瓶座。
file.67 『身内ってややこしい』
身内ってややこしい えだまめ 『身内ってややこしい』
私には3つ下の妹と6つ下の弟がいます。現在妹は海外で一人暮らしをしつつ働いていて、弟は結婚して関東に住んでいます。この妹と弟が喧嘩をしたのが去年の秋。詳しい説明は省略しますが、その時は休暇で帰省していた妹と出張帰りに実家に寄った弟が母の前で喧嘩になったらしく、私はその場に居ませんでした。後日、母から電話があり妹と弟が喧嘩をしたという話を聞きました。子供の頃から気が強く、上から物を言うタイプの妹は私とも弟ともしょっちゅう喧嘩をしていて(私と弟が喧嘩をしたことは一度もありません)詳しい話を聞いた時も「それは妹の方がおかしい。もし私がその場に居ても弟と同じ事を言ったと思う。」というのが率直な感想でした。そして「まぁ、そのうち何となく元に戻るんちゃう?」とお気楽に母に言い、その事はすっかり忘れ去っていました。
ところが昨日、母から電話があって雑談をしていると「いつまでも喧嘩したままでは辛いから弟に謝りのメールを送るように言い聞かせた」と言うのです。「えっ、それは弟が可哀想やろ」という私に「だって妹は強情やから絶対自分から折れんし…」と言う母。「だからって悪くないのに謝るのは理不尽すぎるやろ。しかもメールって余計こじれる可能性もあるし。また顔を合わせた時に直接話した方がええと思うで」と私が言うと「…分かった。じゃあアンタから弟にもう謝らんでええって連絡しといて」とまさかの丸投げ!!私も暇じゃないんですけど…。仕方ないので弟に母とのやり取りを説明し、謝らなくていいという内容のメールを送りました。
しばらくして弟から返信があったので見てみると「仕事徹夜で家に帰って寝よったら母から電話がかかって来て、とにかく謝れ謝れって責め立てられて何か自分の方が悪い気がしてきて“分かった”って言うてしもたけど、姉ちゃんのメールで正気に戻った。冤罪ってこんな感じなんやろうな…」と書かれていました。弟よ、お前ももうちょっとしっかりしろ。
もしかして弟を正気に戻さずそのまま謝らせておけば一件落着だったのか?と思ったりしましたが、それでは妹が全て正しいことになってしまうので、やっぱり良くない。
そもそも妹は人を許すことが出来ない・謝ることが出来ないタイプの人間です。本人は子供の頃に受けた母からの仕打ち(うちの母は暴言・暴力の人だったので)が原因でパニック障害になってしまった、ずっとカウンセリングに通って薬を飲んでいるので結婚も出産も諦めた、という事をよく言うのですが、同じ生い立ちの私から見れば(長女なので妹以上に母の当たりはきつかった)全ての原因は妹の性格にあるように思えます。人を許せないから攻撃的になる→攻撃的だから孤立する→居場所がない→些細な批判で全人格を否定されたと感じる→許せない、という悪循環。そんな生き方はしんどいだけだと本人に言っても、ああだこうだと反論されるので最近は私も放っています。その辺は専門家じゃないと分からない事もあるでしょうし。というか、関係ないのに巻き込まれて一番迷惑なのは私だ!
大人になってから兄弟喧嘩をすると、そのまま絶縁してしまうほどこじれる場合もあると聞いたことがありますが、この場合やはり長女の私が一肌脱ぐ流れになってしまうのでしょうか…。まぁ、老いた両親に心労をかけるのも可哀想なのでお盆に帰省した時にでも仲裁しようと思っていますが。本当、長女ってこういう役回りが多い気がします…。
■書いた人■ まめこ:夫・息子・娘・猫と暮らす魚座のO型。
2017.6月号掲載分へ 2017.7月号掲載分